Twitter がおかしい

Twitter のパソコン版とモバイル版で表示されている内容が違っている。
パソコン版では、モバイル版で表示されているツイートの幾つかが表示されない。

SpiritualRenaissance (@simple_why) - Twitter
https://twitter.com › simple_why

これが私のTwitterのアカウントとアドレスです

(モバイル版とは、TwitterアプリではなくiPhoneのサファリから見るTwitterサイトの事です)

2016年09月01日(木)12 tweetssource


@simple_why おかしな事をされては たまらんから、ブログにも書いておこうと思う。 これは、ふらっとネットカフェに入って、瞬間的にやっているからハッカーの仕業ではないと思う。


posted at 13:53:43



@simple_why mobile.twitter.com/simple_why/sta… mobile.twitter.com/simple_why/sta… 「虫」と「植物」のツイートのツリーも表示されていない。 (前ツイートと同じ内容) これは現消ではないように思う。


posted at 13:45:38


@simple_why mobile.twitter.com/simple_why/sta… mobile.twitter.com/simple_why/sta… 「虫」と「植物」のツイートのツリーも表示されていない。


posted at 13:43:01




パソコンだと mobile.twitter.com/simple_why/sta… このツイログのツイートが出て来ないんだなあ… pic.twitter.com/W0rBACbtYZ



posted at 13:28:11


@simple_why twilog.org/simple_why/mon… twilog.org/simple_why/mon… 四月の熊本地震と世界遺産あたりのツイログです。(リツイートは入っていませんが)


posted at 12:38:00


長崎の世界遺産候補が「潜伏キリシタン遺産」に名称変更へ 「隠れキリシタン」と何が違うの? www.huffingtonpost.jp/2016/08/30/nag… 「潜伏キリシタン」というのも何だかなぁ~


posted at 12:29:14


そしてまた今日もあったみたいですね… pic.twitter.com/ON1HZ6a918



posted at 10:05:38


昨日の震度5弱の地震は、NHKの7時のニュースの延長中に速報が入ったのだけど、 また46分ですね… pic.twitter.com/hjKIOeL9qr



posted at 10:03:44


4481回 08/31 103 1355


posted at 05:11:26


2016年08月31日(水)13 tweetssource


@simple_why ツリーにしたほうが良いかなと思って、、 mobile.twitter.com/simple_why/sta…


posted at 07:54:23


@simple_why 「虫」と「植物」については こちらです。 observer-x.cocolog-nifty.com/occulteco/2016… 手前味噌ですが 😊 一番下の方に書いています


posted at 07:48:20


@simple_why と声を大にして tweetしようと思いました。 咲耶姫様のすぐ後ですが、もうそんなことを言っている時でもないのかな とも、、


posted at 05:43:10


@simple_why そしてまた、それが起きてから信じても、もう遅い とも。 (too late) ですから、今のうちに 聖母マリア様 或いはメジュゴリエ そしてメッセージに 真面目に向き合った方がいいのではないか、関心のある人は。勿論 ない人も。


posted at 05:40:20


@simple_why それが何かというのは勿論わからないのですが、 何か人々の心に永遠に残るもの 何か人々に改心を促すもの どこかの地(メジュゴリエ?)に誰にもわかる印が永遠に残される様な事 と云った様な事が言われているようです。


posted at 05:26:06


@simple_why そんなミリヤナさんが本を出版したことで、 10の秘密 が発表される日も近いのではないか? と感じている方もおられるようです。 そして、十の秘密が公開されると何か大きな事が起こるようなのです。(或いは、起きる前に公開されるということかもしれません)


posted at 05:19:07


@simple_why そんなミリヤナさんが本を出版したことで、 10の秘密 が発表される日も近いのではないか? と感じている方もおられるようです。 そして、十の秘密が公開されると何か大きな事が起こるようなのです。或いは、起きる前に公開されるということかもしれません?


posted at 05:14:31


@simple_why メジュゴリエ 十の秘密 は、まだ明かされていないので幻視者以外には その内容は判らないのですが、ファティマの予言 の様な感じなのかもしれません。ある意味、それを上回るのかも…


posted at 05:07:13


@simple_why メジュゴリエには、聖母マリア様から幻視者達に託された 「10の秘密」というものが有るのですが、ミリヤナさんはそれを世界に公表される役目を担っているのだそうです。


posted at 05:01:56


メジュゴリエの幻視者の一人であるミリヤナさんの新しい本が出版されたそうです。(自叙伝的な感じなのかな?) www.mysticpost.com/mirjana-our-la…


posted at 04:52:25


神を感じよ : 木花咲耶姫様の御神示・神様の警鐘 konohanasakuya.blog.jp/archives/10051…


posted at 04:37:18


奇しくも…? (ツイートし終わった後に自動的に出た画面です) pic.twitter.com/QrqNabtgyM



posted at 04:04:09


@simple_why 9 8 7 或いは 9 8 7 6 の連続数か? 88 77 で 「花」? 木花咲耶姫様? 8×8=64 で「虫」 7×7=49 で「植物」…?(ハッハ 笑)


posted at 03:50:03

2016年08月30日(火)13 tweetssource

4480回 08/30 988 7736

posted at 21:20:35

奥の細道 俳句行 (二) bit.ly/2byl532

posted at 17:23:23

奥の細道 俳句行 (一) bit.ly/2c1lhpG

posted at 14:39:40

下の方を見ていったら、、、 pic.twitter.com/1AcaDWuEV8

posted at 10:09:56

スクロールしていって、、 pic.twitter.com/Jr5US92AJA

posted at 10:09:23

オッ、ツイートし終わってタイムラインが表示されて、 pic.twitter.com/3hioi9yMpL

posted at 10:08:41

@simple_why 戦争の足音というのも不安をかき立てる要因の一つなのだと思います。(深層の不安)

posted at 10:02:56

こちら ホーム画面 も同様です。更なる読み込みも出来ないです。(過去方向の読み込み) 通知 は入って来ますが、もちろんこれも読めません。(Twitterアプリからの通知です) pic.twitter.com/dUXe4ZM0mI

posted at 07:24:20

丸いカーソル的なのがクルクル回っていて、これ以上は進みません。 pic.twitter.com/6l0bBCXhZS

posted at 07:18:42

Twitterアプリの方も なんか止まってしまっていて、画像をツリー状に投稿出来なく、面倒くさい事になってしまっています。

posted at 07:15:10

@simple_why “が” が、一つ多かったですね 😓 mobile.twitter.com/simple_why/sta…

posted at 00:28:22

@simple_why mobile.twitter.com/simple_why/sta… これをツイートする時に、もう少し後でやった(ツイートの事) ほうがいいかな、とも考えてはいたのですが…

posted at 00:24:43


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

|

奥の細道 俳句行 (二)

奥の細道 俳句行 (一)からの続き

その後は旧四号国道を行くことに。

じつは初めからパラパラと降ってきたり、照り上がったりしていたのですが、このへんから ザーザーくることも。そのたびにコンビニに。

国道四号線の立体交差を越えると、またザーザー降りに。そして雷も鳴ってきました。そこで、ちょうどあったコンビニに。
立ち読みなどして小降りになるのを待っていたのですが一向にその気配がありません。
しょうがないので、アイスクリームを買ってメモ帳をまとめることに。
最近のセブンイレブンはイートインコーナーがあるみたいですね。。

メモなんかも書いて一息ついたのですが、まだ少し降っています。
もう少し待つことにして、周りを見回してみると、こんなものが。。


Image


最近は セブンイレブンでもこういう絵本? を出しているんですね。
ちょっと悲しいお話でしたが胸に染みました…
なぜか四月号も置いてありました。
(これが、この旅の一番の目的だったのかな…)

ということで、まだ雨が少しのこる中、出ました。

道すがら、街路の灌木のツツジの植え込みの上に捨ててあるアイスのカップが目に入りました。さっき食べたのとは違うものですが気になったので、またコンビニがあったら捨てようと拾っていきました。
しばらく行くとブックオフの看板が見えて来て、そこにアイスの自動販売機があるようなのでゴミ箱もあるなと、いさんで寄ることに。
カップを捨て中に入りました。とくに買うつもりはなかったので百円コーナーをサーっと見てみると、
『仕掛け、壊し、奪い去る アメリカの論理』という本に目が留まりました。
去年の初めくらいだったか、偶々この本の著者の原田武夫氏の別の本が手に入って、それ以来 何冊かよんでいたのですが この本のことは知りませんでした。それで今日はこれかなと買うことに。

どこかで読みたいなあと思い、そのへんは駅が近いからか だいぶ賑やかだったので駅に向かいました。
どこかいい所はないかなあと探した結果、駅ビルの中にある VIE DE FRANCE に。
窓から木が観える開放感のある席に座って、くるみパンを食べながら読了してしまいました。
そこは二階か三階位なのですが、見下ろす感じがあって、それで Twitter に書いた高い所からみた夢を見たのかもしれないと思ったのでした。

店を出て、もう電車で帰ろうかなとも思ったのですが、当初の目的通り春日部駅まで向かうことにしました。
その後の旅は、結構だらだらと続いて、空も暗くなってしまいました。

そのうちやっと 春日部駅左折 という標識を見つけ、旧国道とは おさらばに。。

しかし行けども行けども それらしき(駅周辺の賑やかさ)兆候が見えません。
こっちでいいのかなと何度も思いながらも歩み進めて行ったのですが、ある交差点の所で赤信号で待っている時に隣に来た自転車のおじさんに思い切って「春日部駅はここっちでいいんですか?」と尋ねたところ、「駅はこっちを真っ直ぐ行くとぶち当たるよ」と右折した先を指差してくれました。ジャストぴったり間一髪でした‼
そのあとは安心して藤棚の並木道をくぐりながら駅にたどり着くことができました。


振り返る 芭蕉像に 見つむらむ
さあ行くか 見返る芭蕉の 目は厳し

(厳しい というよりも おごそか おごし と読みたいところですが、それはあるかな?)

草加松並木にて



季語など入っていないので、俳句とは言えないのかもしれませんが、まあ 歌を詠んでみよう という気持ちが大事 なのではないでしょうか ^_^

今回はカメラ類は持って行きませんでした。

また、正確な芭蕉の跡を辿ったわけではありません。旧国道よりもさらに旧街道というものを判る所では歩いてみました。旧街道は道なりが真っ直ぐではないですね。

今はコンビニがあって歩くのにも とても便利ですね。ただ炎天下での舗装道の照り返しは さすがに厳しいです。

後日 本屋で、NHKの俳句入門という雑誌を見かけてパラパラッと見てみたら、森まゆみさんが連載を始めていましたね ^_^

Twitter で、虫や植物の事を書いたのですが、これは蝉よりももっと小さな虫や低木や雑草などのことです)

以前には日光街道を日本橋まで歩いた事を記事にしたことがありましたが、今回はちょうど逆の芭蕉を辿る道ゆきとなりました。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

|

奥の細道 俳句行 (一)


ふと、メモ帳とペンが欲しくなってコンビニに入りました。(或いは何となくそう思っていてコンビニに入って店内を見ているうちに、そうだっ と思ったのかな?)
そして、かき氷も一緒に買って店内の席で食べようとしたのですが、買う前には空いていたのに、買った時には他のお客さんに座られてしまいました。

仕方ないので、外にいい景色の場所があったので川の欄干に座って食べました。
食べ終わって店に戻ってゴミを捨て、今度は川の別の方向に向かいました。
すると、そこにはベンチがあって、こっちで食べれば良かったなと思ったのですが、そのすぐそばに小さな句碑があり、読んでみると それは芭蕉の碑で


「…にたどり着にけり。痩骨の肩にかゝれる物、先く
るしむ。只身すがらにと出立侍を、帋子一衣は夜
の防ぎ、ゆかた・雨具・墨筆のたぐひ、あるはさ
りがたき餞などしたるは、さすがに打捨がたくて、
路次の煩となれるこそわりなけれ。…」

などと刻まれていました。
学が無いので、どんな意味だろうと暫く考えていたら、「墨筆のたぐひ」に目が留まりました。


あっ、これは芭蕉なんだ、芭蕉をやるんだ、奥の細道なんだな!っと。

綾瀬川 水面に映る 空と雲
綾瀬川 水面に青い 空と雲

帰りに

満月や 旅立ち前夕に 空登り
黄色月 旅立ち前夜に 登り来る

(前夕も ぜんや と読んでみました)


翌朝五時頃、家を出ようとしたら雷鳴が一発轟きました。
そして途中、明るいのに雨がパラパラ降ってくるお天気のなか
ようやく旧街道に入る地点に来て

雨上がり スタートを切る 一里塚

歩いていくと、変な声で鳴くカラスに出会いました。

カラスがアーアー求愛行動
オスガラス 羽を広げて アーアーアー
オスガラス アーアー言うも メスは行き

コンビニで小さな黒酢ドリンクを買って 更に進んで行くと、大きな更地で巨大なクレーンが稼働していました。

頑張れ巨獣 二大のクレーン


駅前図書館で一服して、芭蕉の本でも見てみようかと思ったのですが手が伸びず、早々に出ました。

越谷宿旧街道を行ってみると、まだ幾つか古い建物が見られました。現役で使われているようです。

越谷宿 旧家の残る 旧街道

(旧家を きゅうけ と読んでみましたが、、意味はなし)


更に進むと、大きな一本のケヤキが横にある小さな神社が目に入って来ました。(浅間神社でした)

古大木 仙元不二を おおいたり
古大木 仙元不二を 日傘して
或は 日笠して

そして何かエネルギーが欲しいなあと、抱きつきはしなかったのですが、両手で触ってみました。
すると、蝉が一杯いることが判ったのです。
その前にも聴こえていたのですが、手をついてみると不思議なことに、それ迄よりも更にミンミン、ジージーと聴こえてくるのです。この一本の木に かなりの数の蝉がとまっていたんだなと。

大けやき 蝉がいっぱい 仙元社
大けやき 蝉を養い 仙元社
大けやき 蝉を育てし 仙元社

感動をのこしながら ぶらぶら歩を進めて行くと、川を渡ることに。
元荒川の橋の上で。

増水の 名残りをのこし ゆうゆうと

(或は とうとうと)


川を渡ると北越谷に入って来ます。ここには香取神社がありますが、その前に一服しろという声が。(胃袋の?)
マクドナルドにでもと思ったのですが、イタリアントマトでアセロラとアサイーのジュースを一気飲みに。美味しかったです。

それから香取神社に御参りに。
こちらでは詠まなかったのですが、こんな感じのインスピレーションが。

皆苦しんでいる
苦しんでいる中で
希望を見出せ

苦しみの中で助け合え

|

(続)菊理姫様と7

『菊理姫様と7』 の記事で

142857

という数字を取り上げたのですが、こういう数を「ダイヤル数」と云うのだそうです。


142857×7=999999

なのですが、今回さらに続きを見つけました。。

142+857=999
14+28+57=99

となるのだそうです。

また、

20408122449=142857×142857
20408+122449=142857

なのだとも ( ̄◇ ̄;)


Image_2


中国では奇数は陽数なのだそうですが、、
1から奇数を足していくと、その和は足した数の平方数(二乗数)になるのだそうです


1=1
1+3=4
1+3+5=9
1+3+5+7=16
1+3+5+7+9=25
1+3+5+7+9+11=36
1+3+5+7+9+11+13=49

49=7×7ですね

Image_3


|

虎ノ門金毘羅宮の天狗様

(虎ノ門の金毘羅宮の天狗さんに関する文献を運良く見つけることが出来たので、少々長くなりますが載せてみたいと思います)

天狗が如何に人間と交渉を持って居るか、実例で御話し致そう。
東京芝区虎の門にある府社金毘羅宮の、電車通りに面したあの立派な門に就いても、天狗の活動があるのである。
金毘羅様の御門を造った棟梁は、平山正仁と云って、私とは懇意な間柄であるが、見るからに逞しい天狗を思わせる棟梁である。只今満州へ行って居るが、最近帰って来る筈である。此の平山棟梁は実に天狗と縁故の深い大工で、過ぐる昭和八年の正月、棟梁と二人差し向かいで虎の門の金毘羅宮で神酒をいただいて居ると、突如として天狗さんが憑って来た。
やにはに眼を光らせ、すっくと起ち上がった棟梁は、実に威容のある姿となった。天狗さんの御出でだと見て私が別に敬虔な態度に出なかったものだから、天狗さんは甚だ以て不満の様であった。この平山棟梁が天狗と縁故の出来たのには深い理由がある。平山棟梁は非常に親孝行の人で、嘗てお母さんの病気が重く、医者から見離された時に、自分の命を差上げるから、お母さんの命を助けて下さいと、水垢離を取って芝虎門の金毘羅宮にお願いしたのである。
丁度その時分は日露戦争の頃で、仕事の事で麻布の三連隊に出かけて行った父が、帰りを急ぐの余り、箪笥町の自宅へ近道しようと原っぱから坂下へ飛び降りた途端、下にあった石にぶつかって大怪我をしたのである。
血まみれになって倒れて居る所へ、折よく通りかかった和尚が助け起こし、車屋を呼んで医者の家に走らせ、手当の上家に送り届けて呉れたのである。
母は弟の平四郎を生んで産褥の床にあったが、包帯姿で送られて来た夫の姿を見ると、驚愕の余り、アッと気絶してしまった。手当の甲斐あって母は息を吹き返したが、驚きが大きかっただけに、其の後の経過が危ぶまれた。
年の瀬も押し迫ってから両親に寝込まれ、加えて乳飲み児の弟を抱えている事とて、当時十五歳の正仁には、全くの重荷であった。如何に物価の安い時代とは云え、三十七銭の正仁の月給で一家の支えが出来よう筈がない。
見る見る中に一家は奈落の底の落ちて行った。これ迄にも乳飲み児に、肋膜の母親の乳を飲ませてはいけないと医者にやかましく注意されていたのであるが、手が足りない所から医者には内証で飲ませて育てて来ていたのである。所が父の怪我で母の気絶以来、此の乳も止まってしまったので、乳飲み児の平吉は日増しに衰弱して行った。弟の平吉が早いか、母親が早いか、死期が近づいたのを知って正仁は非常に心を痛めたが、何と云っても未だ少年の身、どうにも策の施しようがなかった。
いろいろ考えあぐんだ揚句、斯くなる上は自分の生命を捧げて神様にお願いしようと決心し、一月十日の初金毘羅の御祭りの日から、母親に気付かれぬよう、三週間水垢離取って御百度を踏み、一生懸命御祈りしたのであった。
現在の金毘羅宮は水垢離を取る場所はないが、当時は御宮の境内に、水垢離を取る場所が用意されて居たのである。
「金毘羅大権現様、どうぞ母親の病気を治して下さい。今母親に死なれると、弟の平吉も死んでしまいます。金毘羅様、御願いです、どうぞ母親の生命を御助け下さい。どうしても母親の寿命が無いものでしたら、私の生命を差し上げます。どうぞ私の寿命を縮めて母親を御助け下さい」と祈りつづけたのである。
御百度を踏み始めてから三日目の事であった。仕事さきから帰って来た正仁が、夕食を済ませ何気ない振りして金毘羅様に出かけようとすると、母に呼び止められた。
「お前は金毘羅様に御願に行くのだろう」
「そんなことありません」
「イヤ、隠したって母さんは皆な知っているよ」
母親のしみじみとした言葉に、正仁は胸を見透かされたようで、ギクリとしてしまった。見る見る母親の眼頭からは涙が溢れ出て参った。
「正仁や」と母親は涙に咽び乍ら、感謝に燃えた眼光で我子の顔を見入りながら、
「昨夜、金毘羅様の天狗様が御出でになって、お前が自分の寿命に代えて一生懸命お祈りしているから、母の命を助けてやると、一晩中、夢枕に御立ち下すったのだよ。正仁や、忝く思いますよ」
話し出したのである。母親は尚も言葉をついで、
「余り無理をしなさんなよ」
と正仁を労い乍ら、
「天狗様の御告げでは、一度はどうしても治してやると仰ったが、有難いことです」
と一部始終を打ち明けたのである。母親の意外の言葉に、初めて神様の御加護を知った正仁は、非常に感激して御百度参りに精進し、終に御母さんの難病も治ってしまった。
此の時以来、正仁は金毘羅様の熱心な信者となったのであるが、段々年月を経るに連れ、大工の技術も進み、金毘羅様出入りの棟梁と出世するようになったのである。
愈々材木も到着したので、正仁は金毘羅様の境内にトタン屋根の仕事場を造って工事に取りかかった。日頃信仰する金毘羅様への滅私奉公は此の時とばかり、正仁は弟の平吉と職人の啓次とを指図し、腕によりをかけて精進したのである。
棟梁の仕事熱心に感激した職人の啓次は、思い切って四寸の鉋を注文した。金具だけが四寸と云うのだから、相当大きな鉋である。しかし、四寸の鉋など今まで削ったことがないものだから如何に腕自慢の啓次も、鉋の幅が広過ぎて使いこなすことが出来ないので、種々工夫してやって見るが、どうしても空すべりして削れない。翌日になったら削れるだろうと想ったのも空頼みに終わった。
これでは棟梁の顔をつぶしてしまうというので、啓次は職人賀気の一徹に愈々自分は大工を廃めると、泣いて謝った。
棟梁は「何を意気地のない事を云うのだ、一寸それを貸して見い」と鉋を受け取り、自分で削って見たが、成る程どうしても削れない。これは困ったことになった。自分が削れないとあっては愈々自分の愛弟子は廃めてしまうし、そうなると、神様の御門にもケチがつく。人一倍負けず嫌いの棟梁は躍起となって削って見たが、やはり削れないのである。
「俺に考えがあるから、明日迄待って呉れ」
と啓次を宥めて見たものの、自信があっての言葉ではなかったのである。足取りも重く梅雨に暮れゆく御宮から帰って来た棟梁は、夕食も全然喉に通らなかった。
さんざん考えた揚句の事、家に帰っても好い考えが浮かぶ筈もない。悶々の裡に寝床に入った棟梁は眼が冴える一方で幾度寝返りを打ったのか分からぬ。
ふと傍を見ると、何時現れたのか、三人の烏天狗が襷がけで一生懸命に鉋削りをやって居る。一段高い上座には羽団扇を持った大天狗が厳然と控え、烏天狗の手許からは気持ちよい程大きな鉋屑がするすると転がり落ちて居る。
其の堂の入った鮮やかな妙技に、棟梁は我を忘れてぢっと見た。何とも言われない腰つき、その手の動かし方と尚も凝っと視つめて、そのコツを呑み込んだのである。
夜が明けると棟梁は、自転車のペダルを踏むのももどかしく、宙を飛んで金毘羅様の仕事場に駆けた。弟子の啓次は啓次で、何とかして削りこなそうと、今朝も早くから仕事場にやって来ていろいろやって見たのであるが、やはりどうにも削りこなす事が出来なかったので、棟梁の顔を見ると啓次は、額を大地にすりつけて申訳がない、親方の顔をよごした、今日限り大工を廃めると泣いて謝ったのである。これを聞くと棟梁は、
「俺の云う通りやって呉れ、止める止めないは其の上のことだ」
と、昨夜、天狗さんに教えられた通り、啓次を指図し、
「その格好だ、俺の掛け声の下にけずるんだぞ」
と、呼吸を計って、掛け声の下に削り下ろさせますと、不思議や、今までどうしても削れなかったのが、スーッと削れたのである。
啓次は驚喜して、息もつかずに削りつづけた。何分鉋が四寸と云うのだから、仕事の出来栄えも素晴らしいが、その運み方も早く、終には参拝者の眼に止まって、人だかりする程の有様となった。
斯くして、今見るようなあんな立派な御門が出来上がったのであるが、この事を見ても如何に天狗さんが人間に交渉を持ち、人間のために活動しているかが窺われるのである。


» 続きを読む

|

近畿の大五芒星の謎を解く 3

この近畿の五芒星は、
いわゆる逆向きになっていますね。

じつは、この逆五芒星は、ネガティブだと言われていますが…

まあただ、この逆向きというのは、西洋魔術においてで、
日本ではそういう考えはなかった、ということにしておきましょうか (^^;;

それに、手描きで星を書くとだいたい傾く…

まあそれに風水では都は南向き、というので
そこにいる人からすれば、南が頂点なのでしょう


その頂点にある、熊野本宮ですが、紀伊にあります!
「紀」の字を調べてみると、
「もと」とありました。
「伊」の「もと」ですね。

また「熊」は、「い」とも読み、
「能」に点が四つ…


熊野系が関係しているのでしょうか……?

1: のところになっているといいなあ
と思ったのですが、
ここは、ずれているみたいですね T^T


さて、ここまで来て
もう一度「近畿の五芒星」図を見直してみたのですが、


あれっ? 正五角形ではないような⁇ (o_o)

正五角形でないと、黄金比は崩れてしまうのですが…(ーー;)

アハハハ、残念 ヽ(´o`;

まあでも、1,168 というのは、
あくまで黄金数の近似値だというので、
近似値の五芒星、ということなのでしょう!

アハハ、おあとがよろしいようで ^_^

このシリーズは、謎解きものゆえ、転載・一部引用も含めて禁止します


» 続きを読む

|

近畿の大五芒星の謎を解く 2

今回は、「いろは」の角度からみていきたいと思います


「いろは」と言えば、このブログでは「いろは歌」が出てきますが、、

「いろは歌」をウィキペディアで調べてみると、

古くから「いろは四十七字」として知られるが最後に「京」の字を加えて四十八字としたものも多く、現代では「ん」を加えることがある。

と書かれていました。

京!

近畿の五芒星の縦軸には、
平安京、平城京、飛鳥京!

これはまさに「いろは歌」ではないでしょうか?


平安京、平城京と言えば、碁盤目状の都市設計になっています。

五芒星と碁盤目と言えば、
荒俣先生の『帝都物語』に出てくる
「ドーマンセーマン」

まさに『陰陽師』ですね‼


巨大な結界となっているのでしょうか⁈


いろはにほへと ちりぬるを
わかよたれそ つねならむ
うゐのおくやま けふこえて
あさきゆめみし ゑひもせす

色はにほへど 散りぬるを
我が世たれぞ 常ならむ
有為の奥山  今日越えて
浅き夢見じ  酔ひもせず 


この物質世界にも
いつか おさらば を言わねばならぬ時がくる
変わらぬ世などあるものか
色々なことがあったが
それも越えてきた
もはやこの世界(マーヤー)に酔うこともない


『呂』には

①背骨
②長い
という意味があります。

とのことです。


伊 波
い わ?

イザナミ ⁇

イロハニホ

日本よ、原発を廃炉にせよ


岩戸開きや矢切の渡しのことを
詠っているのかもしれませんね…

このシリーズは、謎解きものゆえ、転載・一部引用も含めて禁止します

|

近畿の大五芒星の謎を解く


近畿の五芒星] で検索すると出てくると思いますが、
今回は、その「近畿の五芒星」にせまってみたいと思います。

この「近畿の大五芒星」を知れば、
その規模の大きさと、構成要素のレベルの高さに
驚かされるのではないかと思います。

また、そのラインは
富士山や琵琶湖、一宮神社などを貫く水平ラインにも掛かってきます。


この、聖地を結ぶ五芒星の図を知ったのは、
六、七年前に勿論ネット上でのことですが、
その頃は、こんな不思議なことがあるんだなあ、
というぐらいで、
それに関する知識までには、頭が廻らない、そしてそういう知識も殆ど出ていない状況だったと思います。
そして現在でも、誰が何のために?
ということは、全く分かっていない、或は想像の域を出ていない、という状況ではないかと思います。

そのへんは、私も全く同じ状況で、調べることもなかったのですが、この図を見かけたりする時には、何となく上記の「誰が何のために?」的なことは、ふとかすめていました。
そして、そのうちこの謎に挑んでみたいなとも…

そして今回、元伊勢などの事を調べているうちに、
謎が解けた、、という事ではありませんが、ちょっとした閃きがあったので、記していこうと思います。

まず、以前から気付いていたのは、

■伊吹山
■元伊勢
■伊弉諾神社
■熊野本宮
■伊勢神宮

と、五つのうち四つに
「伊」の字がつくことです。

その当時には、これが何かのヒントになるのではないかとは思っていたのですが、それ以上は解りませんでした。


それで今回、元伊勢などの事を調べている時に、
ふと、発想の転換で、
「伊」は、イタリア(伊太利亜)の「伊」としてみるとどうかなと。。


これには、
フィボナッチ数列のフィボナッチは、イタリアの人。
黄金比と五芒星の関係。
黄金比自体はイタリアの発見ではないけれどもダヴィンチなどが研究していた。
などという事を、最近に取り上げていたという背景がありました。


黄金比の角度から「近畿の五芒星」を見てみると、
何か見えるのではないかと。。。


以前にブログ記事を書くために黄金比を調べた時に、
Φ=1.618
φ(小文字のΦ)=0.618
だったという事が記憶に残っていました。

1:1.618=黄金比
0.618:1=これも同じ比率で黄金比なのです!


このあたりを語呂合わせ風にアレコレやってみると、

168・・・「い・ろ・は」かな?
順序が変わってしまいましたが、
五行相克…ということでいいんでないかな、、

「イロハ」・・・「伊呂波」!


やはり「伊」は、黄金比に関わってくるのかもしれません。。


さらに何かないかと考えをすすめて…

黄金比=1:1.618

(1.618の後に無限に続くのですが、このへんが定番の様です)

数字が五文字…1が三つ…伊が三つ…⁈

これが各々に対応するのでは⁈

■伊吹山
■伊弉諾神社
■伊勢神宮


では、6と8は?

残るは

■元伊勢
■熊野本宮


では8から、、

「8」或は「八」
これは簡単でしょう

「八」ー八咫烏ー熊野本宮

となるでしょう。


では6或は「六」

残るは、元伊勢…

ここは、「元」を「六」とみておきましょう…

近畿の五芒星は、黄金比を意味したのでは⁈


「近」は「金」か?
「畿」は「都」を意味するとか、、
(内接の五角形が畿内あたりにあたるのか?は、よくわかりませんが)

黄金の都?
或は
黄金比の都か・・・


このシリーズは、謎解きものゆえ、転載・一部引用も含めて禁止します

|

虎ノ門 金刀比羅宮 訪問記 その二十

じつは、『男はつらいよ』を、
ちゃんと観たことはなかったのですが、

ちょうど昨年の10月から
BS-JAPANで、寅さんシリーズ48作を毎週土曜日に一挙放送というのをやっていて、
パラパラッと観てみたら、
全然 人助け やっていないですね…(^^;;

まあ、もちろん、そういうのではなくて、人情を取り戻す…とか
自分でも分からないうちに…とか
そういう素振りを見せずに…


『寅さんとイエス』という本もある様です

これからは、ワンダラーの方々も活躍されていくのではないでしょうか

話しかわって


回転燈籠、、、まさに映画ですね。

柴又帝釈天は、江戸時代から賑わっていたそうですが、当時の乗り物のない時代では、かなりの郊外、といった感覚だったようです。


人々の願いに応えられて、柴又帝釈天様が寅さんとして、お現れになったのかもしれないですね

インドラ神のアバターですね ^ - ^


江戸川は、
ガンジス川であり、


天の川か


胴羽目を彫られた方の中に
加藤寅之助さんという方がおられたそうです

※この記事は特定の団体/組織に関するものではありません

寅さんは、日本全国を廻った様ですが、
47都道府県+1 という勘定になるのかな?(実際には違うと思いますが)


そして、四八音にも通じてきそうです
http://simpleblog.exblog.jp/9826876/


黙示録の時には、イナゴが出てくるそうなので気をつけてくださいね〜


|

虎ノ門 金刀比羅宮 訪問記 その十九

2020年夏季五輪の開催都市を決める国際オリンピック委員会(IOC)総会は7日(日本時間8日)、ブエノスアイレスで行われ、開催都市に東京を選んだ。

http://sankei.jp.msn.com/sports/news/130908/oth13090805200021-n1.htm

年間約800万人の観光客が訪れ、紅葉の名所として知られる京都・嵐山。16日朝、桂川が氾濫(はんらん)、

  http://www.asahi.com/national/update/0916/OSK201309160052.html

安倍首相、披露宴出席

  http://businesstips.seesaa.net/article/375020696.html

ちなみに橋下市長はこの時、ツイッター三昧とのこと

http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/184897/





本来、この地域は

司法・行政・立法

のトライアングルのはずなのですが・・・

特に司法がおかしくなっているような気がします。

総選挙の際に、最高裁判事 全員に駄目だしするぐらいでちょうどよいです

何も特別の事を言っているのではありません

石破幹事長の言うとおり、法律に則ったごく当たり前のことです

だいたい、違憲状態とはなんですか!

今の内閣は違憲で無効です!

秘密保護法も無効です!

選挙の際は、みんなで駄目出ししましょう!




1391442200119jpg

にほんブログ村 環境ブログ 環境改善活動へ
にほんブログ村

|

«反原発 都知事選について 3